• ブログ一覧

ブログ

  • 妊娠はするのに

    現在妊活中の46歳の方。

    第1子は37歳で自然妊娠、出産。

    1年半ほど前に体外受精はやめ、自然に身を任せて妊活されています。

    移植自体は、7回ほど。そのうち6回は着床し、9週まで進んだ時もありました。

    治療をやめてタイミングをとっても、3回に1回ほどは着床している・・・

     

    不妊治療にありがちな、妊活やめたら妊娠した!という話ではないです。

    一人お子さんはいらっしゃるのですが、やはり弟か妹が欲しいという子どもの思いからなかなかあきらめきれない思いで妊活されています。

    親として、兄弟を作ってあげたいとか、一人じゃかわいそうとか、大きくなった時に兄弟がいれば助け合えるとか…そんなお話はよく聞きます。

     

    不思議です。

    妊娠は方法問わず、できるということ。継続してはいないけど、着床はする。

     

    5月からあと1回と思って体外受精にトライ。

    やっぱり胚盤胞になったので、先月移植。するとやっぱり着床していました。

     

    基礎体温はしっかりと測っていらっしゃるので見てみると、とても二相できれい。

    ホルモン値が最近気になるとのことでしたが、見てみると…やはり良い。

     

    ではなぜ、妊娠しないんでしょうか?

     

    答え・・・難しいですね。。

    いわゆる年齢的な素因もあるでしょうし、やはり高度な治療をすれば違うのかなとも思います。

    着床前の検査をクリニックで勧められたそうですが、それも気乗りせずお断りされました。

     

    自然妊娠と違って、体外受精だと細かなところまで分かってしまう為に、色々不安になります。流産も化学流産なら知らなくて済むものも、治療していると生理が来るよりも前に検査で分かってしまうことが辛いです。

    クリニック通いをやめることでストレスはかなり解消されたことも良かったのか、通っていない時は基礎体温も安定し、ホルモン値も良好な状態を保てています。

    考え方は人それぞれですが。

    自然であっても体外受精であっても妊娠するという事実。

    ここまでやってきて、なかなかうまく続かない。何かがうまく行ってないのは事実ですが、一番ストレスのない方法で妊活を続けていうことにしたようです。治療したい時はして、自然にトライしたい時はして。

    こんなに妊娠するなら、継続してくれたらいいのに・・・。

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter