• ブログ一覧

ブログ

  • 腸内環境を考える①
    梅雨が早く開けてほしいと思ってたけど、こんなに暑いと梅雨が懐かしく感じる…。
    ないものねだりだなぁと思うけど、本当に暑い。
    水分補給が何よりも重要です。
     
    でも、水分をどばどば飲むのも、これはこれで胃に負担がかかります。
    できることなら”ちょこちょこ飲むこと”をオススメします。
     
    ——————————————————————–
     
    「腸活」
     
    最近よく耳にするかと思います。
     
    腸内環境が妊娠とどういう関係が…と思われるかと思いますが。
     
    私が診ている患者さま方。
     

     
     
    腸内環境があまり良好ではないよう方が多いです。
    (腸だけではなく、消化器系全般において機能的に強くない印象)
     
    簡単に説明すると…
    ・食べ物等、口から入ったものを消化するのは「胃」
    ・「胃」から流れてきたものを吸収するのは「腸」
     
    上記のように、「胃」で消化したものは「腸」で吸収されます。
     
    消化器系(胃腸)の動きが悪いと、
    ・オーガニックのお野菜
    ・良質なサプリメント
    ・不妊治療で使用するお薬
     
    せっかく良い物や必要なものを摂っても、結局消化吸収ができません。
    なので、サプリメントなんかは色々飲む前に土台(腸内環境を良くして悪いものを排除し、良いものを吸収できる状態)を整えることが重要になってきます。
     
    もし体質改善の為にお食事に気を使っていたとしても、胃腸の働きが悪ければあまり意味がありません。
    良い物を選んで摂取する前に、胃腸の働きを考えて見ることをお勧めします。
     
    どんな方においても胃腸の働きを良くする上で大切なことは、
     
    ・よく噛んで食べる
    噛んだ方が満腹感も出るので食べ過ぎ抑制にもなります。
     
    ・ 寝る3時間前からは固形物を摂らない
    私が診ている患者さまは仕事で大体帰宅が遅いので、3時間前を目標にしていただいています。
    寝ている間は消化しないので、固形物は禁物です。
     
    ・とにかく睡眠!
    寝ることが内臓を元気にしてくれます。欲を言えば23時半までにと言いたいですが、帰宅時間からすると24時までにベッドに入れれば◎です。
     
    消化器系が順調に働いていることによって体内に吸収されるんだ…と言うことを頭の片隅に置いてもらえればと思います。
  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter