• ブログ一覧

ブログ

  • 周期が乱れている原因

    半年ほど。

    排卵済みだったり、生理のような出血だったり不正出血のような状況が続きなかなか移植できなかった患者さま。
     
    ようやく今周期、ホルモン値が落ち着き移植にこぎつけられそうです。
     
    ここ数カ月、同様にホルモン値が乱れていらっしゃる患者さま続出で採卵にしても移植にしても順当に進まないことが多かったです。やりたいのにできない状況っての本当にしんどいものですね。
     
    ここまで多くの方が乱れていることは今までなかったので、何事かと思っていました。
     
    気候のせいなのかな…とか。
    はたまたサプリメントやハーブティー等の問題か。
    仕事のストレス?家庭のストレス??(コロナ禍での在宅ワークはストレスに繋がる方も多いようで…)
     
    原因って1個じゃないですけどね。
     
    冒頭の患者さまはおそらく、自律神経の乱れかなと。
     
    脈を読み取って状況把握!問題のない不整脈がまぁすごかった。
     
    元々”自律神経”が乱れやすい方です。
    気候の変動や環境の変動、人間関係のストレスなど、普段と違うことが起きると体に異変が起きやすいのです。
     
    時間に追われて仕事が忙しかったり、頭を使ったり考え込んだりされている方なんかは
    自律神経の中の交感神経が活発な状況になります。
     
    鍼灸を受けることで、自律神経のもう一方の副交感神経を優位にさせることができるのでリラックスしやすい状態になります。(交感神経は活動モード)
     
    自律神経の2つ(交感神経・副交感神経)のバランス。これが乱れると、ホルモンも高確率で乱れます。
     
    自律神経とホルモンを出す場所、脳にあるんですがとても場所が近いんですよね。
    自律神経が乱れると、ホルモンも乱れます。
     
    そういった意味では、自律神経を整えることがホルモンも安定させることが出来る。
    鍼灸って、分かりやすく言うとそういう効果が期待できます。
     
    妊娠ももちろん関わっているけど…
    自律神経を調整して、体内のリズムを整え、いつまでも健康でいられること。
     
    人が健康に過ごせるって、とても幸せなことです。
    いつまでも健康でいるために、鍼灸を少し取り入れてみるのもお勧めです。
  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter