• ブログ一覧

ブログ

  • ねぇ、なんで妊娠できないんだろう?

    幾度となく問いかけられる質問ですが、仕方ない。そう思うこともあるだろうにとは思うんです。

     

    なんで妊娠しないんだろう。

    なんで妊娠しないんだろう。

     

    話している途中で泣き出してしまった。

    気丈な患者さまなので大丈夫かなとは思っていましたが、このコロナの影響も含めてずっと家で仕事だったからそれもあって気持ちが前向きになれないところなのかな・・・とは思ったんですが。

    仕事も医療に関連してらっしゃる方なんで、ある程度把握されているのもあり、妊娠率や出産率を兼ねてから気にされていました。

    現在39歳。随分前から40歳までと治療の期限を決めていたので、もう今年が最後になってしまいます。

    治療をスタートして4年ほど。妊娠ができないと言うよりは、流産してしまうことが問題の一つ。

    1件目のクリニックは自然のクリニックで、数はそこまで採れないけど胚盤胞にはなっていました。移植すると着床し、1度目は10週で流産。偶然もあるだろうと、さてまた次へと駒を進めました。そして次は、着床したものの化学流産でした。そのあと採卵がうまくいかなかったことと、あとはこの流産してしまう状況も耐えきれないところがあったのでそれを機に転院することになりました。

    転院後は以前と異なり、自然ではなく高刺激のクリニックでトライされることになり、それがまた物凄い数が採れて・・・それはそれで良かった部分もあるのですが、はじめの移植はやはり着床。また11週で流産することになりました。なぜこうなるのか。次は今まで飲んだことがなかった薬を服用しての移植になり、やはり着床するも8週で流産することになりました。こうなってくると、もはや戻すことへの不安しか残らなくなってきます。

    ここでPGSをすることになりました。(着床前スクリーニング)

    ただ、現在12個ある胚盤胞を置いていくのかと。それでも採卵してスクリーニングをかけるべきか悩んだのですが、結局また凍結胚を移植。今回はかすりもしない結果でした。

    その間も、ERA(着床の窓)や慢性子宮内膜炎、免疫系や不育も徹底して調べてきました。

    結局採卵して、5個検査に出したけど全てエラーで破棄。

     

    今迷走中です。

    去年患者さまと、もうアメリカに行こう!と話していたのですが、まさかこんなコロナが蔓延するとは思っていなかったのであちらで検査することも今となっては夢のまた夢です。

    別患者さまの知り合いのアメリカのクリニック、私も同行予定だったのに。

     

    複数個戻すにはリスクがあるし、とは言え検査すること自体懸念しています。

    (色々ありすぎて気になる方は直接お問い合わせを)

    お体の状態のご相談、お悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

     

    あと半年切ってしまったところと、次なる策はとりあえずあるけれど。

    地方に行ってまで、海外に行ってまで、どこまで話すのかいつも難しいです。

    ましてこのコロナ禍で、身動きも取れない。

     

    何がなんでも妊娠したいのはみんな同じだけども。

    悟り切って、失望して、頼ることができない、信用できない状況で、なんで妊娠しないんだろうという言葉は非常に重くのしかかってきました。

    あと5ヶ月、やれる限り全力で、やれることをやろう。

     

    泣いているのに何もできなくて、本当に申し訳ない。

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter