• ブログ一覧

ブログ

  • 不妊と不育を診てほしい

    流産が続くことで、次の治療に踏み込めなくなった患者さま。

    今まで通っていたクリニックでは特に不育の検査は受けず、やりたいと伝えても先生からはやらなくていいと言われ、そのまま治療を続行していました。

    結局3回流産することになり、もうこのまま進めないので色々と検査をしていく事になりました。

     

    3回中1回目は、7週で流産。

    心拍確認後のことでした。その後、手術日を待たずして自然流産。なので病理検査はできませんでした。

    2回目は、8週で流産。

    産院に移ってから心拍停止が分かる。今回は手術をし、病理検査にて染色体異常が見つかりました。偶発的なものだったので、特に問題はないとのこと。

    3回目は、7週で流産。

    初めから成長が遅い、小さいこともあったので難しいかもしれない。成長が伴わず心拍確認ができないまま流産。そのまま手術し、やはり病理検査にて染色体異常が見つかりました。偶発的なものだったので前回と対応は変わらずでした。

     

    3回を偶然と考えることはできます。その後妊娠・出産とできる方も多いと思います。

    ただ、3回流産を経験していて次に進めるかというとそれは難しい…それにまた流産したらと思うと怖くて一歩が踏み出せない。もうこんな思いはしたくない。

    色々不安事がなくなってから次は移植しよう。

     

    今のクリニックだと難しいところがあり…

    ・不育症検査をやってくれない

    ・他クリニックで不育症の検査をして引っかかった場合、処方された薬は飲めない

    ・着床前診断をしていない

     

    上記の理由から、今のクリニックで治療を続けていく事が難しくなっています。

    クリニックによって方針があるので、不育検査で引っかかったとはいえ別のクリニックでの検査結果をそのまま持って行っても引き継いでもらえるわけではありません。不妊と不育、一緒に考えてもらえれば一番いいのですが、なかなかそう考えてもらえないところがあります。不妊も不育もアプローチしてくれる、考えてくれるクリニックでなければ、次の流産を防ぐことが出来ません。

    あとは、着床前診断。不育で引っかかるか引っかからないかは別として考え、移植する前に染色体異常を見つけておくことが重要です。未然に防ぐことで、流産率を下げることが出来ます。

     

    意外にも1つのクリニックで治療を続けていけるかというと、何か問題があった際にそのクリニックで全て網羅できるかは分からないものです。もちろん、何事もなく妊娠し卒業できればいいですがそうでない場合もあります。

    不育症は、流産が続く場合には検査をすべきです。

     

    来週検査なので、また結果が出たらお伝えします。

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter