• ブログ一覧

ブログ

  • 乳酸菌と妊娠

    朝:ヨーグルト

    召し上がっていらっしゃる方は多いかと思います。

     

    いろんな種類のヨーグルトが売っていますね。

    (色んな乳酸菌の種類で、花粉症の予防やインフルエンザの予防、ダイエットにいいとか…)

    ヨーグルトに関わらず、乳酸菌入りのものを召し上がっている方が多い印象です。

    巷では、目下乳酸菌ブームですね。

     

    私も数年前から、乳酸菌は色々と摂取しています。

     

    この乳酸菌が、妊娠にも大きく関わっているというのがいまいちピンとこない話ですが、実は重要な役目を果たしています。

    乳酸菌もたくさんの種類がありますが、中でも

    “ラクトフェリン”

    (この名前のヨーグルトも販売していますね。)

    これが、子宮内膜にとって重要なものだと言われています。

     

    体って実はたくさんの菌によって形成されています。

    子宮内だけに関わらず、腸にも胃にも至るところにいます。

     

    元々、ラクトフェリンが膣に存在し、外からの雑菌の増殖を防いでくれたり、病原体をやっつけてくれます。

    それにより、膣内の環境は正常に保たれています。

     

    少し話は逸れますが…

    よく”カンジダかも…”ということ、女性ってある人はあると思います。

    膣内に住んでいる常在菌(産まれつき持っている菌)が異常に増えると起こる症状で、性感染症に分類されていますがそうでなくてもなる時はなります。

    ストレスや疲れ、睡眠不足、あとは抗生物質など薬を飲んだ時に起こりやすいです。

    抵抗力を上げないと再発しやすいもので、なる方は頻繁になっています。

    これは乳酸菌のバランスが崩れて起きることの代表的な疾患です。

     

    話は戻りますが…

    乳酸菌のバランスが崩れることで、子宮内膜にも雑菌が繁殖し、子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎を引き起こす可能性があります。

     

    以前は受精卵が着床する内膜は、無菌状態であると言われてきました。

     

    ですが、子宮内膜にも少なからず細菌があることが分かりました。

     

    膣と同様に子宮内膜にも、このラクトフェリンが存在することで着床に至るようです。

     

    子宮内膜に細菌感染すると子宮内膜炎となる訳ですが、炎症があることにより着床不全を招く結果となり、

    原因不明の不妊症の方の3割以上の方々がこの慢性子宮内膜炎と言われています。

     

    私が診ている方も、この検査に引っかかり治療されて無事妊娠に至った方が多く見られます。

     

    何度か移植を繰り返すも、うまくいかない方は慢性子宮内膜炎の検査もですが、乳酸菌を調べる検査も子宮内膜環境のために有意なものかと思います。

    ご興味ある方は是非、ご検討ください。

     

    キムチもなかなか乳酸菌多いです!

     

    ※ちなみに…

    乳酸菌を調べる検査を、EMMA(エマ)と言います。

    都内でも検査できるクリニックは増えているようなので、ご興味ある方は是非!

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter