• ブログ一覧

ブログ

  • 卵管性不妊

    まさかの自然妊娠したんですよ!というお話。

     

    この患者さま、妊娠へ至るまでの道のりはかなり困難でした。

    だからこそ、自然妊娠できたことに対して本当に嬉しかったです。

     

    婦人科系疾患はほぼ網羅されていて、手術済。(子宮筋腫・子宮内ポリープ・子宮内膜症・子宮頸がん)

    完治しても次の疾患にかかり、また次の疾患へ…といったところでした。

    1年の中で手術を何回もしていたので、それだけで妊娠できるのかが心配でした。

     

    それでも妊娠しやすくなれればこの手術もまだ乗り切れたと思いますが、なかなか妊娠しない。

    そしてまた病気が見つかる。そんなこんなな8年間でした。

     

    なかなか難しいので、体外受精へステップアップするもまたそこで問題を指摘。

    卵管水腫が着床に問題あるのではというところから、また手術になりました。

     

    卵管水腫とは、卵管に水が溜まること。それが原因となり、卵管の疎通性が悪くなり子宮腔内に水が流れることで着床するには不利な状況になります。

    腹腔鏡にて手術でしたが、

    中を見ると…癒着がかなり進んでいて卵管采(卵管の先の手のような部分)のところも癒着が激しく、ピックアップ障害の可能性が大きいことも、手術をして分かったようです。

    ※ピックアップ障害                                                     卵巣から排卵した卵は、卵管采に取り込まれ卵管に輸送されるはずが、何らかの原因で卵管采に取り込まれないもの

     

    子宮卵巣状態はこれまでにない良好な環境となり、

    (ご本人の体調がものすごく悪い状態ではありましたが…頻回に鍼灸には通院いただき体調回復に努めておられました。)

    そろそろ治療再開を…と考えていた時でした。

    まさかの、自然妊娠。

    パチパチ…

    手術することで、妊娠に至る例を多々見てきましたが卵管の疎通性が良くなることにより、こんなに早い段階で妊娠に至ったことは本当に手術されて良かったと思いました。

    卵管水腫にしても、癒着にしても、自覚症状がないことの方が多いので、子宮鏡検査などは、積極的に試していただくのも有効かと考えています。

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter