• ブログ一覧

ブログ

  • 採卵方法の正解は・・・②

    前回はなんとかうまく採卵できているパターンでしたが、逆のなかなかうまくいかないパターンを書いてみます。

     

    数値は悪くないのにうまくいかないパターン

    D3 → FSH:9.5 LH:2.5 E2:35

    D10 → FSH:25 LH:3 E2:50

    D15 → FSH:27・LH:3.3・E2:75

    D20 → FSH:25 LH:2.7 E2:60

    また5日後に経過見るもE2が20以下になったのでリセット。

    刺激方法:クロミッド1錠×10日・スプレキュア

     

    状況は悪くないのに、全く育たない。卵胞は1個見えているものの、次受診した際にエコーで診た卵胞が以前見た卵胞なのかが分からない。結局育たないので、リセットすることに。こういう状況が3周期続いたので、もうこれは難しいかもしれない…と思い、真逆の高刺激系に転院すると採卵個数は3~5個採れるようになりました。刺激方法が合わなかったのか、他の理由が考えられるのか今となっては不明です。

     

    数値が上がらず採卵に進めないパターン

    D3 → FSH:4.5 LH:5.6 E2:10以下

    D13 → FSH:5 LH:6 E2:10以下

    D18 → FSH:5.7 LH:5 E2:18

    D23 → FSH:5.1 LH:5.3 E2:20

    D28 → FSH:6.9 LH:5.7 E2:38

    D33でE2が10切ったのでリセット。

    ※刺激方法:クロミッド1/8錠×8日

     

    男性ホルモンは基準値、AMHは4.5、ご年齢は36歳。D3時点でのFSH<LHではあるものの多嚢胞性卵巣症候群ではないとのこと。ただ卵巣の中すごいんですけどね…(毎回卵巣内がラズベリーみたいになってる)卵胞数は多いのでたくさん採れて欲しい欲は常々大きかったのですが、そもそも卵胞数が多すぎて育たないことと、育っても採れた時は未成熟卵(GV・MⅠが多い)ばっかり。通院回数ばかり増えていく割りに変化がなく、採卵にコマを進められたことがほとんどなかった。1年半ほどトライしけど、その中で採卵できたのは4回だけ。周期も長く卵胞もなかなか育たないので採卵ができなかった。高刺激のクリニックに転院したけど、中刺激くらいで試したところ58個も採れた…にも関わらず胚盤胞は1個もできなかったのは慰めてもしばらくは沈んでいらっしゃいました。(その後は採れる数からいうと少ないけど、1個2個は凍結できるようになった)

     

    なかなか難しいパターン

    D3 → FSH:45 LH:18 E2:10

    D10 → FSH:65 LH:29 E2:24

    D17 → FSH:56 LH:35 E2:23

    D24 → FSH:80 LH:45 E2:15 →リセット

    ※刺激方法:クロミッド1錠×7日、HMGフジ150×10日間

    FSH・LHが高く、E2が思うように上がっていかない。薬を飲まず様子を見て、下がったら薬を入れて…繰り返し。

    結局4周期続けてやってみてうまくいかなかったので、そろそろ治療もやめようかなと思い始めていたところでした。あまりおおきな声では言えませんが、リセットしたけどそのまま自然のクリニックに移ったら卵胞は育っていて、そのまま採卵、胚盤胞になり、妊娠出産の運びになりました。たまたまなのか、不思議なこともあるなぁと思った方でした。

     

    色んなケースがあり、やっぱりそれぞれカテゴリには分けられません。

    その状況で一番良い選択をすることが重要で、今までの状況を踏まえ再考しなければいけない。

    採れればなんでもいい…というのは良くないけど、でもそれが本音です。

    とにかく採れればそれでいい!

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter