• ブログ一覧

ブログ

  • 採卵方法別の結果

    採卵の刺激方法について聞いてみると、本当に色々あります。

     

    ・クロミッドだけ

    ・フェマーラやレトロゾールだけ

    ・ゴナールだけ

    ・フェリングだけ

    ・HMGだけ

    ・色んな組み合わせ

     

    どれがいいというのは個人差があるのと、その周期によっても変わってきます。

    クロミッドも、少ないところは8分の1だったり。半分のところもあります。

     

    何にも飲まなければ40日周期くらいの方。

    排卵が遅いのですが、多嚢胞性卵巣症候群ではないです。

    クロミッド8分の1を服用すれば、きっちり28日で生理が来ます。なので、採卵も13日あたり位で決まります。そんなもんで効果があるのかと経過を診ていると、D7くらいから急にグーンと成長する。この量でも十分効果があるということを、ここで学びを得た感じです。

     

    他にも似たような40~50日周期の方。この方は多嚢胞性卵巣症候群の方です。

    クロミッドを毎日1錠服用、さぁ育つかなと思ったのですが…。全然育たないので、排卵もしない。なので、生理も来ない。飲んだことを後悔する結果でした。再度トライするも同様の結果になったので、レトロゾールに変更。すると15日くらいで採卵、生理周期も30日くらいで収まるようになりました。多嚢胞の方はレトロゾールが相性いいのか、この方法でうまく採れている方がいました。

     

    年齢的に標準的な方(AMHやFSHが基準値)。

    はじめにフェマーラを服用、次回診察の日の成長度合いでゴナール75単位を注射。はじめは2回注射でした。採れた数は1個。2回目も同様の方法を採るも、今度は空胞。3回目は注射を1回に減らしたところ、採卵数は1個。結局移植に進めないまま転院。連日HMGフェリング・富士150単位ずつ注射に加えてクロミッド1日2錠。採卵数は15個、凍結胚盤胞は7個。ちなみに44歳。刺激した方がいいパターンだったようです。

     

    年齢的に標準的な方(AMHが高め・FSHが基準値)。

    フォリスチム300で刺激、途中からHMG富士150注射。採卵数は5個。胚盤胞には2個。戻してだめだったのでこのクリニックでまたやる気がせず転院。HMGフェリング・富士150ずつ注射を連続。なんと32個!!!胚盤胞は27個。何が起きたのかよく分かりませんでしたが、もう2度と採卵はしなくてよさそうです。1回目で妊娠されたので、あと26個…ちなみに41歳でした。刺激すること自体は以前と変わらないけど、薬との相性なのか、たまたまなのかものすごくたくさん採れました。

    すごい!!

     

    様々なパターンですが、やってみないと分からないとはいえ、試せるほどお安い金額ではないのでなるべく採れる方法を探したいものですよね。

    これなら採れる方法というのはありませんが、規則性と言いますか、方法はあるかと思います。

    気になる方は聞いてください!

    お体の状態のご相談、お悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

     

     

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter