• ブログ一覧

ブログ

  • ホルモン補充 or 自然周期

    今週も移植ラッシュ。

    コロナウィルスで移植するか悩む部分もありましたが、終息がいつになるかも分からないので皆さん移植に関わらず治療を受けられています。

    ホルモン補充と自然周期
    ホルモンをあれだけ大量に投与すれば、多くの人が浮腫んだりなんらか症状が出ると思いますが、あまり出ない方もいます。今回移植を控えている患者さまは、後者なので大丈夫かなと思っていましたが、やはり薬多い…
    さすがにボーっとする、浮腫むと仰っていました。
     
    プレマリン
    プレドニン
    ルトラール
    ダクチル
    ユベラ
    バイアスピリン
    ウトロゲスタン
    プロゲデポー注
    ヘパリン注
    ビタミンDや葉酸等など
     
    ピルボックスか、ジッパーで小分けにしないと飲み忘れがありそうで不安になりますね…。
    日・月・火…アラームも設定しよう。
     
    泣かず飛ばずな方でも、ここまでやればなんとか引っついてはくれている印象です。(勿論かすりもしてない方もいますが、総じて思う。)
     
    もはや何のおかげでうまくいったのかは分からないけど、結果が出ることに意味があるのでなんとかうまく繋がるといいなと思います。
     
    ホルモン補充って、例えば内膜が薄くて移植できない状態だったり、P4が上がりきらない場合だったり薬で補うことで移植できる状態に整えます。でも、いくらホルモン値も内膜も問題なくても、なぜか補充した方が結果に繋がる場合もあります。不思議ですが、(内膜もホルモンも)足りてるから補充しなくてもいい…訳ではないんでしょう。
    問題なければ自然でもいいし、むしろ自然の方がと思う部分もありますが、問題ないから自然に移植して結果に繋がらない場合、補充することも方法の一つだと思います。
     
    診ている患者さまで、必ず着床するとP4が下がる方がいます。それも一桁…。(低くても15以上はほしい)低空飛行ながらも10週近くはいきますがそれを超えたことはありません。それでもかろうじて、補充する方が継続はしているし、毎回補充でされています。
     
    通院した日~次回の通院日の間に、何らか変化があるのかもしれません。
    移植の前日は良くても、移植後4日目はホルモン値が安定しない方もいるので変動が激しいもんなんだとその時は思いました。
     
    各クリニックによってやり方は様々です。
    移植前・判定日のホルモン値を見た時にホルモン値がやけに低い?…そんな状態であればせっかく卵が良くても着床できません。
    気になる方は是非、クリニックの先生に相談してみてもいいかもしれません。
     
    私でよければお話しください。

    お体の状態のご相談、お悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください。

     
     
     
  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter