• ブログ一覧

ブログ

  • 体外受精というハードル

    ステップアップ決断の道のり。。

     
    仕事に邁進していた患者さま。私もすごく共感できる部分が多いです。
    仕事に集中しすぎて、妊活を後回しにしていたと仰っていました。
    早く妊活しておけばよかったとよく仰っています。(みんなそう思っていますね…。)
     
    初めてお会いしたのは1年ほど前。
    会社の同僚や上司からも、妊娠は諦めているものと思われつつ、やはり今になってどうしても子どもが欲しくなり妊活をスタートするにあたりご来院。
     
    何も知らないまっさらな状態から、どこまで進むべきなのかと、ご本人の気持ちやご主人さまの気持ち、色んな観点からお話しつつ相談しながら進んできました。
     
    自己流でのタイミングをとり、基礎体温表から排卵検査薬の使い方、そんな風に進んで、やはりうまくいかない。
    もっと悩んでいる人もいるだろうと思ってても、やはり毎回ちゃんと生理が来ることの辛さを経験し、それを毎回吐露されます。
    とりあえず近くの婦人科へかかっていただき、卵胞期・排卵期・黄体期のホルモン値を診てもらい、通水検査・精子検査も行いました。全て問題がなく、年齢からみても良い状態でした。
     
    問題がないことから、またしばらくタイミングを続けてみたけど、全く狂うことがなく28日周期で生理が来ること。原因は分からないけど、精子と卵子が出会っていないことが原因だと仮定した場合、体外受精でクリアできると思うと伝えました。
     
    「そもそも出会えないのに、それって妊娠してもいいものなのか」と、疑問に思うとのこと。
     
    難しいものであるならあえて体外受精に進まず、このままタイミングでよいのではないかと思ったと、仰っていました。
    それもまた運命で、できないのなら仕方ないと仰られ、返答には迷ったんですが…。
    迎えに行ってあげることも、それも運命かもしれないし、どちらにしても今がそのタイミングであり、もうこの先はそのチャンスすらないのかもしれないと話しました。
     
    ほぼ体外受精の方々と共にしていると、ステップアップしたあの時どういう心境だったか忘れる時があります。
    慣れきった自分にも驚いたし、簡単に体外受精に進むのも違うと、改めて考え直しました。
     
    誰もが自然妊娠できるものと思っていたのに、なぜできないんだろう。
    何をやってもだめで、私だけがだめなのか。
    もう子どもを持つことは、年齢的に諦めた方がいいのか。
    今子どもができても、子どもが成人を迎える頃には私は何歳になっているんだろう。
     
    そうやって、苦しむしかないこの状況に答えはありません。
     
    それでも、答えが出ない、諦められないなら進んでみて、それが違うならやめればいい。
    妊活をやめることは、その後決めても大丈夫だし。
     
    ステップアップするのって、相当な決断が必要です。
    怖くて不安だけど、やってみなければ始まらないし、このままじゃ終えられませんと話し続け…
    長い話し合いの末、来月初診に行くことを決められました。
     
    お体の状態は悪くないけど、年齢的なところだけが懸念材料です。こればっかりは仕方ないですしね。
    43歳、妊娠できたらと思うし、彼女なりの答えが出るまでお付き合いさせていただけたらと思います。
     
    辛いけど進みましょう。
  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter