• ブログ一覧

ブログ

  • hCGが下がったか確認を

    ”hCGが0になるまではクリニックに行ってほしい”

     

    何度か怖い思いをしました。

    無事に妊娠判定がいただけたものの、途中で失速し流産に至った時の事。

    自然排出を待ってみて、2週間経たずに流産しその後クリニックの超音波で子宮内はきれいになっていると確認されました。

    たまたま偶然にも、その後生理らしく1か月後に出血があり、そのまた翌周期も同様に生理がきました。

    そんな状況下で来られた患者さま。

    もう2度と流産したくない、そんな思いでいらっしゃいました。

     

    色々お話を伺っている中で、

    ・月経周期がやや長め、35~40日周期(卵の成長がかなりゆっくり)

    ・注射で刺激をしているのにも関わらず、採れる卵はそこそこ、移植可能な胚が少ない

    ・AMHは年齢よりやや若い

    ・流産後通院は1度のみ

    他にも色々伺いましたが、ざっくりと。

     

    最後の、

    ”流産後通院は1度のみ”がなんか妙に気になり、血液検査はされたか伺ったらしていないと。

    患者さまは心拍確認ができなかった辺り、6週~7週前で流産されていました。

    なんとなく気になり、気分新たにクリニックを転院されその先で知らされた血液検査の結果が…

     

    ”hCG:500”

     

    某有名クリニックの先生は、通われている患者さまのお話を伺う限りとてもお詳しい方であること。何となく気になったこの流産後の状況がどうしても気になり、そちらに相談へ行くよう伝えたところが良かったのか、初診も早々に採血して下さり、状況がすぐに分かりました。

    そこからクリニックの先生は翌々日に再手術の日程を組んでくださり、手術後にはhCGも100まで下がり、さらに翌日には30まで下がりました。そこから徐々に下がっていき、最終的に手術後~90日程経って生理が来て、hCGは0にまで下がりました。

    こんなになるまで今まで何していたんだ!と、クリニックの先生に怒られたと仰っていましたが、これでも最短で患者さまも受診できたわけでですが…先生の仰っていることはごもっともで、大ごとになりかねないことであるのも事実です。

    よく判定日の数値が微妙だし出血してるからクリニックに行かなくていいや!と思う方が多いですが、本当にそれは怖いことです。数人ですが、子宮外妊娠している方やhCGが出ているのに超音波上どこにも赤ちゃんがいない場合もあったり、経過を診ないと恐ろしいことになり得るかもしれません。

    怖いお話ですが、完全に子宮に何もない状況を診てから次に進むことをお勧めします。

     

    結局この患者さま。

    再手術後に生理が来て、そこから2回生理を見送り、3回目の生理から治療を再スタートしました。

    以前にも書きましたが、1度ストップしたサイクルはなかなか正常運転になりづらいもの。

    流産後の採卵結果

    結局1年かかって、授かられました。

     

    これは3年前の話。

    全く似たような患者さまが今週いらしたので、書き留めておきます。

     

    出血=月経かは、なんとも素人には判断着きにくいものです。

    軽視せず、クリニックへ!

     

    ※個人的な見解と、患者さまとの間で十分に話し合って進めています。

    全ての方に当てはまるわけではございません、

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter