• ブログ一覧

ブログ

  • 流産後の採卵結果

    先週今週と、無事に臨月に入られ当サロンをご卒業されました。

    お二人とも長い不妊治療で、よくここまで頑張れたと心からお疲れさまと思いました。

    約10年、約6年の思いの分、お子さんとの時間を十分に満喫して欲しいです。

    ご家族の皆様と会える日を、心待ちにしております。

     

    ________________________________

     

    流産後の1回目の生理はいつ来るのか。

    流産後手術をする場合も、自然な場合もどちらにしてもホルモンバランスが戻ってこないと生理は来ないです。

    そして生理は、排卵しないと来ないです。

     

    非妊娠時は卵胞期→排卵期→黄体期と推移していたホルモンが、妊娠すると変動します。その代わりに別のホルモンが出ます。

    当たり前ですが、妊娠したら卵胞を育てる必要はないですよね。卵胞が育たなければ排卵しないし、内膜も厚くする必要がないです。そして、出血(生理)がくることもないです。

    それだけ妊娠すると、体内のシステムが大きく変わってしまいます。

    だからこそ、そのシステムをまた元に戻すのには時間がかかるものです。

    表面上、流産後に生理が来てそれで元に戻っていると判断するには分かりにくいものです。

     

    よく不妊治療の病院も、生理が2周期から3周期空けてから次の治療を再開するようお話されています。

    一見順調に戻ってきているように見えますが、実際治療に入ると…ということがあります。

     

    例えば採卵をする場合だと、卵が採れなかったり。分割胚や胚盤胞にならなかったり。

    もちろん、周期的にホルモンバランスが整っていない事だけが問題ではないと思います。着床から妊娠~流産と今まで稼働していたシステムが止まるので、その再開は個人差がかなり大きいものです。

    例えば車を組み立てる工場なんかも、年末年始は長めに休んだりしますよね。工場のラインをストップさせると、次の稼働に時間がかかるから、ある程度休みの期間を長く取ったりしますね。

     

    何名も同じ状況の患者さまを診ていると、1周期でも早く(若く)採卵して妊娠出産したい。休まずすぐに進みたい気持ちは分からなくはないけど、ただ体が元に戻っていない以上良い卵胞が育つことが非常に難しいです。

    焦るけど、休むことも妊活にとって意義がある。流産後は特にそう感じることがあります。

     

    私の個人的見解ですので、ご参考までに。

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter