• ブログ一覧

ブログ

  • 心拍確認の分かれ道

    年明けの色んなご報告を受けて、うまくいく時もあればそうではない時もある…のは当たり前。

     

    妊活に寄り添っていれば、そういった状況はよくあるけど、何度聞いても辛いものは辛いし、慣れないものです。

     

    心拍が確認できた患者さま

    心拍が確認できなかった患者さま

     

    両者の年齢も治療方法も異なるけど、うまくいかないものかと年末から祈るような思いでいました。

     

    何をしたからだめになった訳ではない。

    逆に、何をしたからうまくいった訳でもない。

     

    医学的には、染色体異常が濃厚かとは思います。

    でも、体患者さまの心と体は傷つくことになる。

     

    何でだめだったのかをこれから考えてしまうんだろうけど、伝えられる言葉としてそれは誰にも分からないと。

    頭では理解していても、考えずにはいられない。

     

    このループから抜けるのに時間がかかるし、妊活再開までも時間がかかる。

    とはいえそれを踏まえて貯卵するのも違う気がするけど、現実に起きるとストックしておけばよかったと思ってしまう。

     

    ひたすら気が紛れることをし、妊活から離れてみるもやっぱり思い出す。

    ”あの時、ああしてれば良かったのかも”

     

    何度もこういうことが起きる度、理不尽さと不甲斐なさを感じますが、人間に分かるほど簡単なことではないんだろうと、思い込ませています。

    人間が産まれて、この世界で生きていくって簡単なものじゃないんだと思うから。

     

    世の中で、辛く苦しんでる人たち。

     

    私はこのサロンの患者さまのはけ口になれるけど。

     

    皆さんにも、吐き出したり泣いたりできる相手がいますか?

     

    どうかこんな日は、一人ではなく、誰かに話してほしい。

     

  • Visit Us On InstagramVisit Us On Twitter